スパセルがGREEから訴訟されてるっぽい?

忙しい時期を終えたのでINしたらキックされてたので、(やっぱリアルで知ってる人が管理してないと厳しいなぁ~)と感じ、そのままやらなくなってしまったけど、どうやら『GREE』から訴訟受けてるらしい。

エディット機能使えないとか、レイアウトどうするんだろうね(^-^;

国際特許らしいけど、認定は日本だけらしい。

GREEも某音楽家みたいな事を始めて、何だかね~

パクリを肯定するわけではないけど、格ゲーとかさ特許で〆たら他のゲーム作れなくなったりするし、パクリで出しても今のユーザーは厳しいかも知れんけど、昔のオッサン達なら笑ってネタにしてもらえたんだけどね。

自分はSNKを大好きだ!って前提で話しますが、自分が学生時代

どこかのゲーム会社で見た事あるような内容や設定のゲームを結構作ってた面白会社で、B級の味のあるゲームを作る会社として愛されていました。それはそれでユーザーもさ、本家はちゃんとあると分かった上で楽しんでたし、ツマラなければプレーしないだけだったんだけどね。そして、オマージュ、インスパイアされた会社も分けて考えてたしね。

今後、こういう事で労力が使われるとなると、だいぶ業界が縮小しそうな気もするけど、どうなんだろうか?GREE自身もDMMの某ゲームにまんまのゲームとかあるし、それを今から潰すのだろうか?

特許は確かに大事ではあるけど、何だかなぁ~とは思います。

かと言って、『GREEを許すな』も何か違うような…なぁなぁにしておいた方が良さそうな部分に手を出してしまった気がしてなりません。ただ、ここ数年では任天堂の訴訟も凄いことになってると言うか、今の通信系のゲームの根幹を特許で握って潰しにきてるし、時代は変わったのかなぁ

1. 特許3734820号:タッチパネルでジョイスティックを操作する ⇒ 「ぷにコン」に該当

2. 特許4262217号:タッチパネルを長押しした後、指を離すと敵キャラを攻撃 ⇒ 「チャージ攻撃」に該当

3. 特許4010533号:スリープから復帰する時に確認画面を表示し、スリープ直前の画面から再開 ⇒ 「スリープ機能」に該当

4. 特許5595991号:ユーザー間で相互フォローし、通信や協力プレイを行う ⇒ 「相互フォロー」に該当

5. 特許3637031号:障害物でプレイキャラクターが隠されてもシルエットで表示する ⇒ 「シルエット表示」に該当

https://tmiyadera.com/blog/1388.html

から引用

今後のゲーム業界がどうなるか、心配でなりません。

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA