必ずいるよなって思う事

帰りのバスの中で久しぶりにPontaさんのブログを読んでて、先日のクラン戦で自分の所でもいたなぁ~と、ちょっと遠い目

対戦の準備日に抜けるほどの急用ってなんだろうね

説明文とかに書いてあっても読まない人多いし、どうしたもんだろうね~

うちだとクラン戦に参加不参加を任意で出来るのだから、強制参加ならまだしも参加中に抜けてしまったら、他の参加者に迷惑が掛かるとか考えないのかね~

こういう人たちを見てると何か就業場所の金持ち(成金)地域の人間と思考が同じっぽくて凄く嫌だ。

『私は特別だから何をしても赦される』

『私の言う事は神の言葉、何で聞かないの?』

業務外の事を平気でやらせようとする割に、突っ込みまくるとブチ切れるから困る。その人の会社では社長婦人だか何だかで、社員がヘーコラ言うこと聞くのだろうけどね…

そんな人だから、クランに残っても害悪にしかならないだろうけど、それならファームクランで援軍を幾らでもくれる所に行けばいいんだよ。他のクランも嫌がるだろうけどね

あるクラメンが以前不満を述べてたが、以前は何とも思わなかったが最近思う事が・。・

クラン戦に参加しない人は、援軍支援なりクラン戦の攻撃管理や指示とか別の形で多少なりとも貢献していく方が良いのではないか?と考え始めました。

一部の人だけに負担が集中も厳しいしね、恩恵を受けてる面もあるし、(援軍をくれないのに援軍の申請だけはしてずるい)っていう不満を緩和も出来るから良いと思うのだけどね~まぁ、リーダー次第って気がします

 

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA