親が治療続行不能の為に、退院して施設へ

愛知医大での手術より1ヶ月経ちました。

これ以上の治療不能と判断され、退院する事になりました。

認知症を患ってる場合は場所を移動しない方が良いらしいけど、『さっさと出てけ』と言われて、特別養護老人ホームへ入所する事になりました。

施設へ移動して入所の手続き、親も新しい生活になるのが不安なのか頭痛がするとか嘔吐したりと少し大変だったけど、不安になったら仕方ないよなぁ~

施設で説明を受けて、役所へ住所の変更をしに行きました。

名古屋市では市民課で変更できます。介護で転居のためか記名押印で良いらしいので、名前をこちらで書いて印を付いてもらい書類を出す。同居の場合は身分証明書(運転免許証等)だけでも良いとか言われました。昔のガチガチの融通が効かない雰囲気は、今の役所では感じられなくて助かるよ~自分が18の時に市県民税の手続きに行った時とかは、課をたらい回しにされた挙句、一番最初に聞いた課へ行けと役所を1周しましたからw

そして、転居をしたので医療費介助等を受けているいないで申請する物が変わるとかで介助を受けているか分からなかったので保険年金課で調査してもらい自分の親は受けていないと分かったので、介護保険の住所の変更の為に福祉課へ

介護保険の住所の切り替えと施設で取得を薦められた

『介護保険負担限度額証明書』

の申請をしている途中だったり。これがあると介護保険での自己負担分が減るので大分資金的に助かるとの事

こちらの取得の為に、【介護保険被保険者証】【介護保険負担割合証】【預貯金額等内訳書】【全部の通帳の2~3ヶ月分の写し】が必要との事

そして、申請されてから適用される期間で、遡及できる範囲が申請月当月のみとの事で月末までに用意しないといけない。2月は28日までだから後1週間じゃんorz

市町村で役所がやってる日が違うので何とも言えないけど、名古屋市では日曜日は大体月1回日曜日の午前中だけ開いてるらしいのだけど、今月は11日やったので日曜日はお休みだとか…春日井だと日曜日も結構やってるらしく、水曜日は夜19時位までやっているとか(名古屋市は8時45分~17時15分まで)で、ちょっち羨ましい

申請書は同意書や委任状などもいるので時間的に相当苦労しそうです。

ちなみに、この申請は財産が1000万を超えていると申請しても通らないらしいです。この点は安心だね~(何がw)うちは従兄弟の叔父さんが癌で倒れ横着な従業員が適当な仕事をして借金で潰れちゃったからね~連帯保証人だったので資産とか残せるわけでもなく、自分も働けと言われ働き出したからね~自分のお小遣いを出す為に掛け持ちしたりして無理したよな…今だと体がもたないよ。

とりあえず、今日はこの辺で

申請までも行ってないので、申請出来るまで用意を整えて話を進ませないとね

Sponsored Link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA